逆援助相手について知ろう

逆援助サイトで女性と出会い付き合いが始まったら、相手の女性のデータをどんどん集めていきましょう。
性格や好み、趣味や悩み事など、どんな事でも構いません。そんな事をしても会っている時にだけ優しくしたら十分でしょと思うかもしれませんが、
「相手を喜ばせる努力」は見えないところでの積み重ねが必要なのです。

特に夢については話合うといいでしょう。なぜかと言うと自分の夢は○○で、そのために資金が必要だという話になると、
女性は夢に向かって努力している姿を応援したいと思うからです。資金は無理だけど、お小遣い程度ならと夢の話がきっかけで
逆援助の話がまとまるケースも多いのです。それに女性にしてみても逆援助をする動機が男性とセックスをしたいからその代償というよりも
男性の夢を自分の出来る範囲で応援したいと思っているから・・・・の方がいいですよね。

また相手の好みをデータに集めるのも、ドライブする時に相手の好きな曲を流したり、好きな俳優が出演している映画が公開されたら
デートに誘ったりと、逆援助の関係なので、女性にお金のかかるプレゼントとかはなかなか出来ませんが、お金をかけなくても
相手を喜ばせる事は出来るはずです。自分の好みを把握してくれているというのが会話でチラっと出てくるだけでも女性は嬉しくなるものです。

一緒にいて楽しいと女性に思ってもらえたら、逆援助の付き合いも円滑で長期的に続くでしょう。
そうなれば、データを集めるだけじゃお金にならないとは言い切れないですよね。
逆援助してもらうためには、相手の気持ちを理解する必要があるからです。そのためにもデータは多いにこした事はありません。

楽に収入を得るには

もしも援助交際の逆で、男性の方がセックスをしてお金をもらえるとしたら、それほど嬉しいことはないですよね。
でも、そんなオイシイ話、あるわけがない・・・と思われるかもしれませんが、
逆援助セレブ出会い系サイトなら、そんなオイシイ話があります。
なんと言っても、セレブな女性が登録する出会い系サイトですから、男性に支払われる報酬は思っている以上に高額です。
それに、セレブ女性をセックスで満足させてあげられれば、約束されている報酬にプラスアルファも期待できます。

セックスができるだけでもいいのに、それに報酬がつくなら、言うことはない!と思われるでしょう。
ただ、逆援助セレブ出会い系サイトに集まるセレブ女性のセックスへの要求は、ノーマルなものではない可能性が大きいのです。
それ故に報酬が高額なのです。どんな要求が多いかというと、セレブ女性はややSの方が多いです。
ですので、何かと命令されることとなるでしょう。M気質の男性であれば、喜んでセレブ女性の命令に従いましょう。
セレブ女性も喜んでくれるでしょう。
S気質でないにしても、セレブ女性は普段から誰かに命令することが多いですから、
それは普通にセックスをしていたとしても、色々と命令されるかもしれません。そこで腹を立てずに、命令を聞いて満足させてあげる
ことに徹することが必要です。
普段のセックスは、リードすることの方が多い男性にとっては、女性に命令されることに慣れていないでしょうから、
不満に思うところもあるでしょうけど、そこは高額報酬のために!と割り切り、
滅多に会うことのないセレブ女性とのセックスを楽しみ、高額報酬をゲットしましょう。

逆援助希望をする女性について

逆援助を希望する女性は、2つに分けられます。セックスを楽しみたい「割り切り型」と、擬似恋愛をエンジョイしたい「愛情型」で、目的が違う女性達には、2つの共通点が見受けられます。それは「セックスを楽しみたい」「癒しを求めている」という点です。

要するに女性に好かれる男性は「割り切り型」でも「愛情型」の場合でも、「セックスのテクがあり、一緒にいて癒される男性」だと言えます。

男性の大半は、セックスで相手を満足させようと努力します。しかし、これだけでは駄目なのです。その理由はセックスは何度もすれば飽きられてしまうからです。しかし「癒し」の方は、回数を重ねる程味わい深くなっていくものです。なので、気がつけば相手があなたなしではいられない、ということも充分にありえるわけです。

それでは、ここでいうところの癒しとはどのようなモノでしょうか?

例を挙げると、会話をする時には相手の悩みなどを積極的に聞いてあげる姿勢です。
逆援助を行えるくらい経済的な余裕のある女性の大半が、社長さんなど、リーダーシップを発揮して仕事に打ち込んでいる女性だと言えます。要するに立場上、部下や社員からの相談を受けることはあっても、自分の悩みは打ち明けられない立場です。

なので「いいアドバイスなんてどうでもいいから、とにかく自分の愚痴を聞いて欲しい」という気持ちを抱えている女性が多いと言えます。

このような愚痴や悩み相談などのケースは、あなたは批判やアドバイスをするのではなく、「うん、そうだね、つらいよね」という風に相手の感情を受け止め、聞き役に徹することが大事です。そうして話を聞くだけで、相手は充分に癒される筈です。